看護師にとって、転職エージェントは全く役に立たない

 スマホで、サイトを閲覧しているとよく下の方に広告が出てきますよね。私は、よくスマホで看護師の求人を探すので、看護師の求人の広告が度々でてきます。
「年収500万以上。呼び出し、残業なし。年間休日125日。」どれも、これも誇大広告ばかりです。
それでも、自分の希望する科の求人だったり、家から近くだったり、育児との両立可能とか書いてあれば、ついつい見てしまうわけです。
 その広告をクリックして、詳細を見ようとすると、氏名や住所を登録しないと見れないようになっています。仕方ないので、登録すると後日電話がかかってきます。
「ご登録ありがとうございます。現在、広告に掲載していた求人は募集が終わっています。すいません。」という返事があります。大抵、このパターンが多いです。
一応、こちらの希望する業種や、勤務時間などの条件にあう仕事を探してはくれますが、家からものすごく遠かったり、人気のない介護系であることがほとんどです。
紹介してくれる病院は、常に人手不足で求人しているところばかりで、わざわざ紹介してもらわなくてもいいところばかりでした。特に、エージェントの方から、提案もアドバイスもありませんでした。しかも、転職エージェントを介して面接を受けるとなると、かえって時間と手間がかかります。自分で、新聞の折り込み広告の求人や看護協会の運営しているハローワークから探すほうが早いのではないかと思います。
 そして、転職活動について注意することがもう一つあります。それは、自分が病院を選ぶという強い気持ちを忘れないことです。面接では、合格したいという気持ちがいっぱいで、いい恰好をしてしまいがちです。そして、嫌われないようにするため、突っ込んだ質問をしないようにしてしまいます。そして、面接官は、こちらをすごく観察してきますが、自分もよく面接官を観察しないといけません。直観が大事です。面接で、これは変だなと思うことがあれば、たいがい後に自分にとって大きな問題となり、後悔することになります。合格したいばかりに、冷静さを欠いてはいけません。今は、売りて市場です。無駄な転職をして体力を消耗しないようにしましょう。

医師 転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です